ぎろちん日和(びより)

アクセスカウンタ

zoom RSS 3月3日お水取り

<<   作成日時 : 2006/03/03 21:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

 せっかくのおひな祭りの今日、なのに天気ときたら!
画像

 雪。というか時雨に近いんですが。3月は結構、こんな降れば解けるけどつめたーいボタ雪というのが多いみたいですね。しかし、今日は、ここのところの陽気もあって、冷たく感じましたね。
 さて、奈良は3月に入ると、お水取りが始まります。
 で、お水取りとはいったい何なのか?と申しますと・・・
 東大寺の二月堂で旧暦の二月に行われる修二会(しゅにえ)という修行。修二会は三月の初めから始まり、二週間にわたって行われる。お水取りとは修二会のクライマックスに行われる行のことで、大きな松明に火をともし二月堂を炎が彩るもっとも華やかな行ともいえましょうか。松明から落ちる火の粉をかぶると無病息災になると言われていて、毎年大勢の観光客の皆さんがお見えになるのです。(詳細はどうぞここをクリックしてください。かなり詳しくわかりやすいHPをつけてます)

 で、行って参りました!例年ですと、この時期まだ確かに寒いのですが、今日は格別!ただ風がない分、まだいいかも・・・。ワタシは、東大寺の金塔の裏を通らず、いつも南大門の東側の池横から抜けて、二月堂へ続く石畳を歩くことにしています。その方が明るいし、何よりそこから見上げる二月堂がまたすばらしいから・・・
画像

 で、たどりつきました。ここ。
画像

 松明はこの入り口を通り、階段を通って本堂へ。(写り悪いです、ごめんなさいm(__)m)
画像

 19時、電気が消えて、大松明が回廊を渡っていきます・・・
画像
画像

 そして、本堂へせり出されます!来た来た来た!
画像

 次から次へと、本堂に大松明が・・・
画像

 その大松明が大胆に廻され火の粉が飛び散ります!
画像

 ほんのちょっとですが、迫力が伝われば・・・大松明の火の粉←CLICK!
 目玉は、この大松明を抱えた僧侶の方が、そのまま二月堂の舞台を端から端へ!
画像

 そして、また火の粉が!
画像

 この大松明が10本舞台へのぼります・・・!
 今年は、結構松明の先がせり出しを渡りきる前にボトン!とおこっちてましたネ^_^;

 今日は金曜日だからでしょうか、寒さの中たくさんの観光客の方がお見えになっていました。
年々人が増えているような感じですね。大松明の御渡りは、ココまでなのですが、僧侶の方の行は夜を徹して、この二月堂の中、おこなわれます。このお堂の中の行の迫力や趣がよいと、中(といっても格子がかかっているのでその隙間から)に入って最後までご覧になられる方もたくさんいらっしゃいます。
 さて、その大松明の火の粉を被ると無病息災とは言いますが、ナイロンジャケットなど着て行こうものなら、見事に穴があきます(^_^;)被らず、そのご利益にあやかれる!それがコレ!
画像

 松明の残焦でゴザイマス。御渡りが終わったあとは、大半の方が帰路を急がれますが、コレを知る方は、ちょっとした争奪戦のはじまり!ま。あらゆるところに落ちてますので。ただし二月堂の下は傾斜で、足場が非常に悪いので、時々上から人が転がってくることがあるので!ご用心ご用心(^_^;)神棚、お仏壇、お台所においておくとよいそうです。

 二月堂から見下ろす奈良の夜景・・・(手振れがひどくてゴメンなさい)
 
画像
 
 
さて、2にゃんは、この無病息災の貴重な品をどうおもわれましたかな?
画像
画像

  これ、けっこう匂いがあるんです。決して悪いにおいじゃなく、少し燻された感じですけど。お線香にもこんなかおりあるんじゃないかな。てなわけで、
 
画像


 ざ、ち「食べられないんじゃ興味なし!」の様ですね(^_^;)

 
ランキング

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
そうそうとうとうお水取りよん…。
これが終わると関西にも春がやって来たといわれるのよねん^^。
ホントに寒かったわっ今朝…うちは昼間に白っぽい霙が降って、昼間晴れてても風が冷たくて寒かったねぇ〜。
今日は殆ど夜までゆっくり腰を下ろせない状態だった上に、この寒さは堪えたわっっっ(爆)。
一度ホンモノを見たいの…二月堂の大松明と鞍馬の火祭り。
奈良も京都と同じで昔からの御神事なんか多いから面白いよね〜何百年も昔から変わらないものって凄いよ、やっぱり!
ザビちんのきょとんも珠には猫だったと思い出させる…。
近頃キワモノ顔が多かったせいかしらん(爆)。

今月は3月21日京都の弘法さんの日も多分寒いよ〜!
お互いに風邪引かないようにしましょうねぇ^^b
ジジ
URL
2006/03/03 23:20
おぉ!前にTVで見たことはあったけど、なんか凄いなぁって思っていました。お水取りって言うのか。なんか馴染みがないので、すぐ忘れちゃいそうだわ^^;
実は、奈良県には行ったことがないんです。関東では中学や高校の修学旅行に奈良・京都へ行く学校が多いんだけど、私が通っていた学校は中学では東北、高校では萩・津和野と、ちょいと変わっておりました。
なので、京都へは今から6年ほど前に生まれて初めて足を踏み入れたのです。それもたった1泊^^; ちょびっとしか見れなかったわ。
kaolin
2006/03/04 00:25
お水取りかぁ、、。日本情緒を感じます。
ところでwebryは使いやすいですか?
agapi
URL
2006/03/04 08:36
お〜っ!久しぶりにちょとだけ、日本のお祭りを楽しませていただきました。
どうもありがとう!

こういう火の華麗な舞いを見ていると、やっぱりエトナ山から離れたくなくなります(笑)
エトナも動画で噴火の様子を伝えたいですよ。
エトナ山に一発、特注しましょうか。笑笑
Etnaちゃん
URL
2006/03/04 08:54
古くから伝わる日本の行事ですね。詳しいことは知りませんでしたが、写真と説明で、丸で自分で体験してきたような気分になりました。火の粉あんなに飛び散っちゃって、すごい迫力です。火傷しそうなくらいですね〜。
今日のザビ&チロちゃんの立ちポーズも決まってて、かわいい〜。しっぽが巻いてて、2にゃんとも同じようなポーズですね。(笑)無病息災のご利益があるの品から、ちょいと距離を置いてますね。きっと匂いのせいなんでしょうねぇ。
フォー母
2006/03/04 14:52
わぁ、東大寺の?!
東大寺といえば、高校の修学旅行で訪れて以来のご無沙汰。
そもそも生粋の関東人である私にとって、奈良・京都などの古都に関しては人一倍アコガレの想いが強いのです。
もしかして、せばすちゃんさんのお家から東大寺まではものすごくお近いのでしょうか?!すごいところにお住まいなのですね〜。お写真、今日も楽しませていただきました。
ちー
URL
2006/03/04 15:53
☆ジジさま
 鞍馬の火祭りもいいらしいですね。お水取りは3月入ったら2週間はやってますから、いつでも。ただメインの3/12だけは、ごった返すので避ける方が無難ですが。私は人の少ない時がいいので、平日の、まだ初めのほう狙って、最近毎年行ってますね。しかも地元の人間案内がてらに(^^♪
 しかしジジさんおっしゃるとおり、いつもだと春めいてもお水取りが終わるまではまた寒くなるかも・・・なのに、今年はお水取り終わったら本当に暖かくなるのかな?みたいな関西の気候、春が待ち遠しいですね。

☆kaolinさま
 関東の方はなかなかですよね。奈良は、京都の「ついで」が殆ど♪でないと、やっぱ交通が小一時間ほど余計にかかりますしね。しかし萩や津和野とは、また風流な♪小京都ですね。秋吉台とか回られたのかな?あっちの方は私改めて行ってみたいんですよ。鴎外ゆかりの地とか・・・。
 京都はジジさんもはにーさんも地理に強そうだから、いつでもOKでしょ♪
2にゃんのせばすちゃん
2006/03/04 22:12
やっぱ海外在住のの皆様は、日本の行事に敏感ですねぇ♪
☆agapiさま
 ギリシャの方はないんですかね、こんな感じのお祭りとか・・・(^^♪
 ウェブリーはねぇ・・・う〜、余計なものが一杯くっついてて、本当に欲しい機能は外付けでupしたり。javascriptやCCSの知識が多少あれば、フリースペースやテンプレートデザイン加工は可能ですけど。ただここのlogの魅力はサーバーが1GB無料使用できることですね。あと過去logもいっぺんに引越しできるシステムもあるみたいです。そこはさすがNEC!agapiさんご使用のエキサイトは使いよさそうだし、シンプルでアップなさった写真も栄えるようで、いいブログだなぁと、一応IDはあるんですよ。でも私やたら写真やら小業好きなので、250くらいすぐ一杯になりそうですしね・・・てな理由で、ここに居座っております。
2にゃんのせばすちゃん
2006/03/04 22:28
☆Etnaさま
 いやいや噴火は、あまりにも規模が大きすぎ!(^_^;)
おだやかにおだやかに(~_~;)エネルギーはEtnaさんのほうでハッスルしてくださいませm(__)m
 火のエネルギーって確かに激しさ、勇壮さがあるのですが、これが寒い中だと、ほんとうにすばらしい。すごい清めの行になるのもうなづけます。

☆フォー母さま
 日本の伝統行事も海外にいらっしゃると新鮮に映りますでしょ。(と決め付けるのも何ですが)時間にするとほんの30分ほどなんですけど、行の一環ということで何か煩悩が焼き消され、新しい事象のエネルギーを感じますね。一方2ニャンは、やはり松明臭に怪訝そう。もっとじゃれ付くかと思いきや・・・お陰でチロが今日はお仏壇の水を狙って近寄るのを少しためらっております(~_~;)
2にゃんのせばすちゃん
2006/03/04 23:25
☆ちーさま
 ウチから車で10分足らず。駐車場から私の足で、約15分・・・の距離です。
わが家はこの東大寺のある所から少し離れた南東側でして、新薬師寺や志賀直哉旧居が近所です。ま、関東の方からすれば思いっきり近所なんですが(~_~;)このあたりは春日原生林のお陰で、開発制限がなされているので、緑が多くて、静かなところです。たまに鹿野園の鹿が紛れ込んできたり、タヌキに猪・・・って、動物園???(~_~;)
2にゃんのせばすちゃん
2006/03/04 23:32
んーすばらしい!
お水取り、一度行ってみたいですね。
大松明、良く撮れてますね。
火のエネルギーってすごいなぁー
ねこふんの時はまたお邪魔しますのね宜しくお願いしますね。
楽しみにしています。
陽子しゃん
2007/03/21 10:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
3月3日お水取り ぎろちん日和(びより)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる