ぎろちん日和(びより)

アクセスカウンタ

zoom RSS 介護予防とは・・・

<<   作成日時 : 2006/04/22 00:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 19

皆様お休み中たくさんのコメントありがとうございました。
おかげさまをもちまして、応援チームのバルセロナとアーセナルがそれぞれ1勝!(*^_^*)
2nd legも、TV観戦予定です!(~o~)

で、再開お題、いきなり介護です。しかも長い!ごめんなさい!

え〜?2にゃんはぁ?と思いの皆様・・・
女王様に、

出番ですよ!とお声がけしたのですが・・・
画像

 (ーー;)で、白い方はといいますと・・・
画像

 ち「今日は寒いニャ♪ほっとカーペットでぬくもるにゃ♪」
 
そうそう、とても寒い日になった奈良なのですが、皆様のお住まいの地域はいかがでしたか。

さて、4/17、ワタシがトシ相応以上の疲労感で爆眠して、案の定筋肉痛になった講習とは・・・

画像

 「セラバンド」といいます。ごらんになったことある方も多いのではないのでしょうか。
このバンドを使用したエクササイズだったのですが、これと介護と何の関係があるのか?

 今年の4月、介護保険はとても大きな改定が行われました。と、同時に医療保険の診療報酬についても改定が。介護保険は3年に1度、診療報酬は2年に1度改定が行われるので今年は6年に1度のハチあわせなのトシ。
 この二つの保険に共通しているのは、お察しのとおり財源不足。納めるヒトより、お世話になるヒトが多くなってきているという事実(特にこれから団塊の世代の方々が退職されるという時期でもありますし)にくわえて、介護保険の制度が浸透して、より使用しやすいシステムにしたため、皆が利用可能になってきて財源が細ってきているというお粗末な事実も。診療報酬に関しては医療費の膨大化が大きいです。無駄な検査は未だに多いし、薬価はバカ高いし、社会的入院(看るヒトがいないから入れておくというとりあえず入院のこと)の回避は進まない・・・皆保険というのが崩壊寸前であることはいうまでもないのですが、このままでいいはずもなく。
 特に介護保険。
 これまで6段階(要支援、要介護1〜5)あった介護給付について見直しになりました。
 というのは、この6段階のうち、 要支援と要介護1が、介護保険給付利用者の約半分以上を占めるのです。
 この段階、ご本人さんはどういう状態かといいますと、まだまだ自分でやれることは多くて、認知症(痴呆)もほとんど症状もなく、トシ相応のボケはありみたいな感じでして。一部身体の不自由はありますが、客観的に少し介護が入れば十分安全に生活できるという範囲なのです。

 ところが、
 この方々に要介護・要支援の認定を認めたばっかりにこんなことがおきてきたわけです。

自分で掃除や家事をしなくなった
 もしどこかの業者さんに一般の家の掃除を依頼すれば1時間でおそらく1万〜2万円ほど取られるでしょう。でも介護保険の家事援助のヘルパーさんを投入すれば、炊事・掃除・洗濯・食事で本人の負担額は約2千円切ります。なので限度額(それぞれの介護度で限度額が決まっている)いっぱいそれを利用すると、そこそこキレイなおうちになりますが、これ必ずしも本人のためにならず。動かなくなり、歩けなくなり、たまの移動に転倒し、骨折→入院→寝たきり→介護度upという、とんでもないジタイ続出という悪循環をもたらしました。

しんどいときは介護タクシーを使用
 奈良だと70歳以上の方は、なら交通のバスが無料になります(一定区間ですが)病院の送迎バスもたいてい無料であります。しかし、病院や施設に行くのに介護タクシーをばんばん使用。本当に使用したい方に順番が回らず。困ったジタイになったこともありました。

同居の家族がいるにもかかわらず、介護を放棄 これが一番問題かも。本当は奥さんのために作った料理を、介護も不必要なダンナさんが食べ、奥さんは出来合いの味の濃い食事ばかりたべて、糖尿病が治らないとか、夫婦揃って要介護1の認定をうまく利用すれば、限度額も倍になり、ヘルパーさんを呼べるため、家のものが介入しなくなり、仕舞には施設短期入所(老人ホームに1週間ほど泊まらせる)を片方につけて、(本当はいけないのだか)片方のためにきたヘルパーさんに夫婦両方のケアをさせる等々、アタマの痛いジタイも多発。これ、なぜかというと、この介護プランを立てるのが、たいてい介護施設のケアマネージャーさんが多くて、どうしても自分の施設や会社のヘルパーや短期入所を使うため、そういった操作がしやすくなってしまうのです。これも現状。
 等々他にもたくさんあるのですが。
 結局貴重な財源ついやして、高齢者の方に楽させた結果、家族は介護放棄、本人は身体能力down&介護度up、施設は常時満床御礼というみょうなことが、介護保険利用者の半数以上のご家庭でおこっている、極端ですがそのような傾向がいなめないのです。
 山間部など、ゲートボールに出ていたおじいちゃんおばあちゃんは、食事フロ送迎つきで、老人施設等のデイサービスに通い、日中など訪問に行くと、若者は町へお勤めに、車といえばもみじマークの軽トラか、ヘルパーステーション、もしくは訪問看護の車、老健施設の送迎ワゴンが目立つといった具合。ちょっと奇妙な光景です。

 そこで!
 今回の改定は、この能力があるのにラクさせて、能力を落としてしまいがちな要支援・要介護の方々にメスをいれたのです。

 要支援を二つにわけ、そこへ要介護1を足し、7段階の区別にしました。

 こうなったわけです。
 
 要支援1  要支援2  要介護1・・・・予防給付
 要介護2〜5 ・・・介護給付

 とうぜん、この二つの給付金は、限度額に差があります。(予防の限度額が介護より安いのはもちろん♪)
 国保連によるとその改定意図は

  厚生労働省は、「介護給付」が「軽度者の状態の改善・悪化防止に必ずしもつながっていないとの指摘がある」として軽度者を「介護給付」から除外し、新・予防給付を創設する理由としたが、これは、日医総研・川越雅弘氏らの「介護サービスの有効性評価に関する調査研究」(2003年7月)のデータを恣意的に利用したものであると言わざるを得ません。

同調査研究の結果は、要介護1および2の者については、「施設」に比べて「在宅」の方が悪化率は低く、逆に改善率、維持率は高い状況であったと指摘しています。ところが厚生労働省は、「在宅」「施設」のデータを混在させたデータを示して「在宅」の改善率、維持率を覆い隠し、マスコミ等を通じて「介護給付」抑制を合理化する世論づくりをすすめたのです。

 と、謳っていますでしょ♪

 で、前置きが長いんだ!この新予防給付の目玉項目のひとつが。。。

 筋力トレーニングなんですね♪

 給付というのは、キホン現物支給なんです。お金はかかった費用の1割。(本当は全額払って、9割バックですが、とても膨大なお金になるので便宜上この形をとってます)
 なので、筋トレやってもらうわけなんですよ!要支援の方には!
 やたらめったら筋トレしたら、おばあちゃんなら骨折、高血圧のヒトなら脳梗塞なんて起きかねないので!まずその支援を受ける方の身体能力の指標を作成します。で、筋力測定の目安として、握力とひざがどれぐらい曲がるか(膝関節屈曲率といいます)を計るのですが、これが身体能力の目安としてとても有効な数字になるらしいのですね。
 で、たとえば
 握力15kg、膝の屈曲が22kgと出たとします。
 すると、この方の身体能力は、○レベルなので、ほおって置くと、筋肉が細り、膝が伸びず、非常に転倒しやすくなるので、膝の曲がりを改善するため、太ももの筋力をつけたいというプランをたてて、具体的にどうすれば筋力がつくのか、その手段を考じます。

 そこで登場するのが例のセラバンドなんです。
 このバンドがちょうほうされる理由は以下の表にあるのです。
 
画像

 これいろによって、強度がありまして。
 仮に緑の場合は、
 30センチのセラバンドを横に60センチ、つまり倍に引っ張ると7ポンドの負荷がかかるという根拠があるんですね。筋肉というのは一定の負荷を5秒以上かけると、維持・筋繊維の質の向上が可能といわれていますので、これを目安に運動を組み立てていくわけですね。
 なので、筋トレマシーンの設定みたいな事が、このゴム切れ1.2Mでできてしまう上に、このゴムの利点は、同時に2軸の運動が可能つまり肩の関節と肘の関節にかかわる筋肉の運動がずべて同時にできてしまうことです。これダンベルだと、関節の動きが制限され負荷が一極化します。筋トレマシーンだと、処理能力は一定で、実績もあるけれど、場所と費用が膨大です!
 で、このバンドが今、介護予防の現場で流行しているわけなのです。

 ワタシも訪問先でこれ、よく見かけていて、利用者さんに聞くと、運動するのにもらったというのですが。引っ張ればいいのでしょうが、正しい使用法はいかに?と思い、この講習に参加したら、このとおり奥が深く、ついでにこの運動がケッコウしんどい!
 ひとつの動作を息を吐きながら5秒維持、息を吸いながら5秒で元に戻すことを繰り返すだけですが、コタエマシタm(__)m

 うわ〜日付変わっちゃったじゃん!
 まぁ、シゴトとはいえ、明日はわが身の介護現場なので、これからも新しい情報があったらupしていきますね♪
 では最後に・・・
 これ、ワタシの職場のデスク壁です♪
画像

 10wのクーちゃんとチチちゃんの赤枠photo(3月のときに購入)
 
 そして、チロ&ザビ・・・
 ワタシはこれで、いま十分介護予防、やる気減退予防給付なんですけど・・・ね♪(~o~)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
なんとか一通り読みました。少しえらくなったような気がします。ブイブイ! 現状を打破するための解決案としての試みが、セラバンド。これまでの6段階の介護給付を7段階に改め、予防給付なるものができたの?この給付は現物支給で、それが、せらまさのり・・・でなくて、セラバンドですよね。 私も今から使おうかなと思っちゃいました。
アメリカでもこういうの良く見かけますよ。せばすちゃんは、すごいですねぇ。こんなわたしでも、とてもわかりやすかったですよぉ。
フォー母
URL
2006/04/22 06:23
ち、知恵熱が・・・
いや、マジな話、介護は、でーじ大変さぁ。
沖縄のおじぃ、長野のおばぁはもう100歳に手が届くんだけど、
身体が思うように動かなくなると気力も薄れてきちゃう感じあるよね、
薄れてくると出来る事もしなくなっちゃうから身体も衰える。
でも気力があればガンバって出来ることをしようとするから
どうすれば気力を維持出来るかっていうのも大事よね。
私らも介護される側になる前に色々考えなきゃいけないし、
勉強もしなきゃダメだねー。がんばろ♪
kiwamikoto
URL
2006/04/22 08:36
介護のことって全く知識がないので勉強になりました〜!
だんだんよくなってきているとは言ってもまだまだ問題が沢山あるのですね><
『セラバンド』効きそうです(>о<)せばすちゃんさんが筋肉痛になったのはコレだったのかーー!
お年を召されてもいろんな事やってる方は元気!ということは楽することばかり考えずに、自分で出来ることはやる!が理想ですね〜
本当に必要な人がすんなり使えるためにも。。。
うちに定年された方が働きにきてますが(もうすぐ65歳かな?)ものすごく元気です!
今日1番気になったのは、チロちゃんのおにゃか!!(そこかよ!って感じですけど(^^;)るりにも負けず劣らずの立派なお腹。。。顔埋めたらきもちよさそ〜♪
あおい
URL
2006/04/22 15:33
現場離れて早3年半。
それなりに興味を持ち続けてはいるものの、やはり実際携わってないと制度の改正にはついていけませんね^^;
予防給付になったのは知ってたけど、要支援が2段階!?知らなかった〜。。。
現場戻りたいなあ、なんて時々思いながら求人広告見てたりもするのですが、ホントに仕事始めたらこりゃかなり知恵熱出そうだなあってつくづく思いました。
めまぐるしく変わる制度を追いかけ常に勉強しつつ、日々のハードワーク。
にゃんこ写真にでも癒されないとやってられないですね^^

ぷに
URL
2006/04/22 16:47
なんと、冒頭のセラバンドがこういう話に続くとはびっくり、でも読ませていただきました。なるほどー、ですね。
筋力トレーニングは特に女性は若いうちからやってて損はないと言いますよね、単なるダイエット目的ではなく。筋肉がつくと太りにくくなるし、骨粗しょう症の予防にもなるのではないでしょうか。
わたしも何か始めようかなあ。
abi
URL
2006/04/22 17:10
介護って周りにしてる人いるんだけど
本当に大変そうです。
自分達の寝る時間を削って。。。
でも、そんな方が逆にヘルパーさんを使わないで、
そうでない方が使ってるなんて、なんだか間違ってる。。。
世のため人にため、頑張ってるのですね。
筋肉痛になりながら。^^
知ってか知らずか、2にゃんずちゃん。ねんねですね。
寒い日は寝るに限るかな〜
陽子しゃん
2006/04/22 19:53
これ、使い方知りたいです。
リハビリテーションに良さそうですね。
どういうところで手に入るかしら?っていうか、使い方を自分が覚えなきゃ話にならないですけどねー。
「一定の負荷を5秒以上かけると、維持・筋繊維の質の向上が可能」
という原理をとって考えると、太極拳なんかは相当良い運動なんですよね。
Etnaちゃん
URL
2006/04/23 18:42
介護の現状、書かれていることが理解できているかは
自分でもわかりませんが人事ではありません。
私も年を取って…ということは周りもみんな年を取って
るんですよね。私の親も…
実は昔に住んでいたお隣さん、私の幼馴染のお母さんが
ボケてしまって起き上がれなくなってしまって…介護が
必要になってしまっていたのです。
話を聞いていると、介護をするほうもみんなが信頼できる
方ではないこと。介護されるほうもどこまで理解できて
いるのか…凄く考えさせられました。
なんか上手く書けないけど、みんなが理解し正しく物事を
進ませないと成り立たない世の中ですよね。
うわ〜っっ、よけいにわからなくなってきた〜(>_<)
けいさん
2006/04/23 23:48
介護に係るようになってまだ2年に少し足りませんが、本当に色々考えさせられます。何よりも思うのが、「家族が介護に手を抜きすぎじゃないか?」ということ。一人だけで抱え込む事は絶対だめだと思うのですが、それにしても施設やヘルパーに任せすぎでは?と思うのです。
私は施設(GH)勤務なので余計にそう思うのかもしれませんが、やはり介護の基本は在宅だと思います。神戸市も今後は「在宅へのシフト」で、施設をあまり増やさない方針だそうです。(介護型の病院も無くなる?)

ところで、筋力トレーニング、私も覚えてうちのホームの利用者さんとしてみたい〜(^o^)/
てらママ
URL
2006/04/25 02:42
皆様へ
 難しくて、とても長いスレにコメントたくさんありがとうございました。私自身在宅医療という分野に身をおいているがゆえに、こんなこと書いたりしますが、病棟に勤務していたのではなかなかわからなかったことでもあり、縁のないことと思われる方も大勢だと思います。
 でも、このままでは本当に高齢者を支える担い手が少なくて、財政的にもマンパワー的にも物理的な破綻が見て取れる現状だからこそ、われわれは走りながらですが、でも前向きに取り組んで生きたいと思っています。このブログにきてくださる方々は、キチンとご自分のご意見をお持ちで、わかるわからないきっちり述べてくださる・・・とても感謝しております。
 ワタシもまだまだ道の途中、これからもまたできるだけこの話題はupして、みなさんと介護について共受していけたらと思いますので、よろしくお願いします。
2にゃんのせばすちゃん
2006/04/25 20:32
☆フォー母さま
 長々読んでくださって、ありがとうございます。今度帰国されるときは、介護について以前より身近に感じられることも多くなるかもしれません。何せ、高齢者数が増えてますしね。介護保険の最新の情報は7段階の区分けですが、予防給付の中には、筋トレ以外にも口腔ケアといって、口の中の衛生を保つための指導についても加算がとれることになりました。80-20作戦といって、80歳のときに20本自分の歯が残っていることが健康長寿の第一歩というわけです。これについては、いずれまたupしますね♪
2にゃんのせばすちゃん
2006/04/25 20:37
☆kiwamimoto父さま
 沖縄に長野!すごい!ここは日本でも健康長寿の見本のような地区ですよ!長野は医療費一番何年か連続して一番低いし、沖縄は寝たきりでない長寿年齢が一番高いところですしね!
 だから沖縄の食事、長野の医療には非常に興味があります。例の島豆腐に、焼酎に、豚や昆布を豊富に使用した料理等々、そして長野は諏訪中央病院などに代表される開放型の在宅重視のシステム(なおかつそれで黒が出ている!)、わたしもまだまだ勉強せなアカンのですわ(*^^)
 おじぃさま、おばぁさま、元気に長寿を全うされますように♪
2にゃんのせばすちゃん
2006/04/25 20:45
☆あおいさま
 チロの腹・・・モフモフ最高ですが、猫キックの覚悟必要ですよ!
長〜い説明でごめんなさい。あおいさんおっしゃるとおりなんですよ。ヒトに頼るなというのでなく、キチンと頼らなければいけないときのために物事整備していく必要があるということなんですよね。まだまだオワカイあおいさんですが、こういった現状があってご自分の位置はどこにあるのか常に意識があるのとないのでは将来えらくちがうと思います。私も新しくていい情報があり次第、またupします。
 セラバンドは・・・これ、ホントは赤いヤツでやれば差ほどでもなかったのかもしれませんが、ワタシ体格よいので、緑を渡されて(*^^)これは赤より強度がちょっと高いんですよ!背筋の伸展なんて、イキトマリソウナホドでした^_^;たかがゴムバンドとあなどれないっ!
2にゃんのせばすちゃん
2006/04/25 20:51
☆ぷにさま
 いつでも現場は大歓迎ですよ♪
勉強が必要なのは、しかたがない・・・ワタシも走りながら、カンニングペーパー片手に現場に携わっているようなものです。ただ、現場にいる、しがみつくとでも表現できるのかな?実際に利用者さんのそばにいられることこそが大切だとは、まずは思います。そしてその方のさまざまの思いを決して問題思考にならないように(つまりあら捜しにならないよう)、支援していくために必要なことを考え、そこで必要なものを身につけるための勉強ならば、必ずできますよ、しんどいながらも^_^;
 そんななか、嵐のようにシゴトを終えて、我が家にたどり着くと、出迎えてくれるチロとザビ、にゃんともいえず・・・ただただ感謝してます(*^^)v
2にゃんのせばすちゃん
2006/04/25 20:58
☆abiさま
 そうです♪今から今から!身近な運動、特にお勧めは有酸素運動とストレッチですね。
 有酸素運動は、歩くことが一番!で、筋力は20歳を基準に間違えなく下降線(!)なので、無駄でない!抵抗のためには、表現悪いかもしれませんが、しなやかさを保つというのかな?要は、転んでも大怪我しないような柔軟性のあるカラダ作りです。ワタシはセラはまだ購入してないのですが、お風呂上りにタオルストレッチとスクワットを必ず10回ずつやってます。タオルストレッチは肩幅くらいタオルの両端を握り、そのまま息を吐きながら腕を伸ばして背中までタオルを伸ばしたまま持ってきて、息をこんどはすいながらもとにゆっくり戻す運動です。肩こりケッコウラクになりますよ♪
2にゃんのせばすちゃん
2006/04/25 21:05
☆陽子しゃん
 難病の方の担当をしているとき、医療介入してくれるヘルパーさんが見つからずホントに悔しい思いをしたことがあります。山間部のおばあちゃんを介護タクシーに乗せるのに半日走り回ったこともあります。だから正しい使われ方・・・って、何を基準にするのか、本当にそこのところをしっかりこれからつめていって欲しい、心からそう願います。
 筋肉痛は普段からもっと鍛えていればならなくてすむのですが、やっぱマズいですねぇ♪(~_~;)2にゃんは、こちらの勝手な憶測ですが、ばったんキューの時は意外なほどおとなしいというのかな・・・
 一度0時まわって、テーブルでうとうとしながらご飯、ラーメンなんですけどすすってたら、チロとザビがテーブルの上に乗ってて。別にほしがるでもなく、2匹お膳から、なんともいえない距離にいるんですよ。食べ終わると、そそくさと降りていったのですが。あれって遅くに帰ってきたご主人の夕食や晩酌に付き合う主婦のような感じだったのかなぁと(~_~;)わびしくないように…、そんな感じの2にゃんです。
2にゃんのせばすちゃん
2006/04/25 21:16
☆Etnaさま
 そうなんですよ。太極拳なんて有酸素運動のお見本みたいなものですよ♪このセラバンドは、日本なら老人ホームにいけば!いやネットで購入できます。アメリカ製ですよ。キホンは引っ張って、5秒以上キープして、5秒以上かけて戻すこと。息止めて引っ張って、ばっちん!と罰ゲームのように戻しては意味がないどころか、かえって筋繊維を損傷しますから!
 ワタシが習ったのは、セラを手に巻いてそれを脚で踏んづけまして。その長さがすこしゴムがはったくらいがキホン姿勢。そこから握った手を縦に横に斜めに、鍛えたい筋肉応じてバンドを引っ張っていくのですが、ねじる運動というのは普段あまりやらないので非常に効くんですよ!
コレが筋肉痛のモトのはず(~_~;)一度ネットでごらんあれ♪
2にゃんのせばすちゃん
2006/04/25 21:23
☆けいさん
 おっしゃるとおりだと思います。
介護される方というのは、よっぽどのことがない限り、そこから抜群の回復力で快方に向かったなんてことはなくて、メドのたたない、でも確実に良くもならない長い終末期にあるわけです。だから、今しっかり意志のあるときに、自分の介護についての概念がしっかり意見にするべきなんです。残念なことに要介護5なんかになってしまうと、たいていの方がコミュニケーションもとりにくく、寝たきりで、お声賭けしても表情も動かないなんて場合もあります。そんな方に、今の介護でいいのですか?もっとして欲しいことはないですか?と問いたくても、答えを求めるのは難しいんですよ。だからこそ、けいさんのように考えていただけること自体がありがたいんです。そしてそれをわれわれにどうか投げかけて欲しい!そのサインをいつも見逃したくない思いで、現場にあるつもりではあります。それが信頼を得させていただく第一歩でもありますから。
2にゃんのせばすちゃん
2006/04/25 21:31
☆てらママさま
 神戸はさすがですね。奈良なんか自治体お金ないもんだから、とりあえず箱モノは、ゼネコン潤うから歓迎なんですよ。ま、高齢者の数が抜群に多いという現状も否めませんがね(~_~;)
 家族がもっと接すれば、手をだしてくれれば・・・はじめはワタシもそう思いました。今でもそう責めたくなることもしばしばです。ただ、そうなるまでのご本人さんと家族さんのかかわり方はどうであったか?ご本人さんが大切にされているお宅は、基本的にその家族がご本人に大切にされたという経過があったり、経済的にも豊かであったり。家族さんが介護にかかわりたくない理由探しでなく、現状をまず丸ごと支える方が回り道のようでいて、案外いろんなことが見えて、家族さんの悩みも出てくる…そこに手は出せないけれど足なら出せますという瞬間がちょっとのぞけることがあります、それを見逃さないで生かせるかどうか、デス!ワタシもまだまだ勉強中ですので、またいろいろupしていきますね♪
 セラはいいですね。ネットで購入できます。筋肉痛はお覚悟!ということで(~_~;)
2にゃんのせばすちゃん
2006/04/25 21:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
介護予防とは・・・ ぎろちん日和(びより)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる