ぎろちん日和(びより)

アクセスカウンタ

zoom RSS 荒神のやま里にて

<<   作成日時 : 2010/09/01 01:22   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

この更新が終わるころは、もう9月。。。ってのに。。。

おかしいですよね、この気候。。。あぢっ!

画像


まったくキレキレの青空に、ぎらぎら太陽。

日照時間が短くなったくらいかな。。。

とあるスーパーの精米機前。米ぬか目当てのはとさんたちも。。。

画像


車の下に日よけ。。。

そして、日焼け知らず、メラニンゼロの長男。。。

画像


。。。だよなぁ、チロ。

ってなわけなんですが、家に閉じこもりたい気持をえいや!と振り切り。。。

召使、とある場所へ車を走らせました。


画像


こんもりと、前方に見えている山。

途中、こういった塚もみえますが、考古学ファンにはたまらんでしょうな。

画像


なんせ、この一帯、掘ればキトラや黒塚古墳時代並みの塚や岩があちこち点在。。。

画像



さて、召使の目的地は。。。


 笠地区。

画像


桜井市といって、奈良市の南東に位置する人口6万人足らずのまちのさらに東側。

奈良というのは地形的に、東の方に盆地を取り囲む山々が連なってまして。

車は一路、山道を登っているわけです、ハイ。。。

画像


ひぃ、訪問看護以来くらい久しぶりの木立道だぁ〜!

画像


県道50号線。ま、奈良の県道二桁で、この程度なら上等です。。。もっと怖いとこ知ってるし(-_-;)
んで、途中、ぽちぽち民家が見えてくるんですが。。。

この地区の凄いところは、平らな場所が少ないので、集落がとても小さい。

画像


せいぜい多くて3,4件程度。

画像



だからお隣さんとの距離が実に離れていまして。

画像


点在してるんですね。

画像


はじめてきたときには、びっくりしました。

画像


そんなそんな、山間部の小さな小さな山里に何の御用かと申しますと。。。

見えてきました。

笠荒神さまの入り口。

画像


そして、少し平らになったところをしばらく走ると。。。

画像


ようやくお目当ての看板が。。。(ま、道中道しるべ代わりにいたるところ立ってますが)
画像


そうです、召使の目的は、ここ。「荒神の里・笠そば処」
画像


本当に、ホントーに、どがつく山ん中、忽然とりっぱな建物があるんですよ。

画像


で、お店の中は、こんなかんじ。。。

画像


木の風合がよく、明るいんです。

涼しいときなら、お外でもいただけます。が、しかし、この日はさすがの笠でも蒸し暑くて冷房love。。。

画像


で、召使が頼んだのは。。。

画像


ねぎそば(冷)。
画像


なぜ大盛じゃないかって?

はい、大盛でもきっと食べられたですよ。フツーの頼んで後悔しましたもん。

ま、たずねたのが午後三時を回ってて。
お昼もがっつり食べたんで、軽く一杯のつもりだったんですよ。

とにかくそばがうまい!です。
おだしは。。。ま、フツーですが、そばが凄い!

なので、ざるや冷がおすすめかな。

とにかくこの地区。

前書したとおり、民家は山なりに点在して、人口約250人。

桜井市内から車で40分くらいだけど、過疎地といっても申し分ないくらい。

この山里がそばに目覚めたのが平成4年。

国営総合農地開発事業のもと、荒れた農地を整備し、そばを栽培。

ところが、この土地。標高400〜500mの中山間部。

奈良県の中でも、寒暖の差の激しさでは1.2の場所。

これがそばには格別の環境で、作柄・収穫ともに最上質のものときた!

画像


で、これをアピールしようと、毎年9月「そばピクニック」なるイベントを開催。

近畿圏から笠のそばはもちろん、廉価で新鮮な農産物めざしてわんさか行楽客が目白押し!

このあたりから、笠のそばの知名度は、実力相応に定着。

昔はプレハブだったそば処が、こんな立派なお店に。。。

このお店の裏手には、見事な大和高原とよばれる光景が広がります。

画像


こんな山間の土地に、恵みをもたらしたそば。

いまでは、イベントがなくても、おいしいそばが食べたいなら「笠」へが定着。

地元の方々のがんばりも光って、よい地域活性のお手本となっています。


帰り道、まだまだ蒸し暑い中にも、見事な実りを見せてくれる棚田の稲。

画像


当然機械の入れない急峻な棚田の手入れは手作業。

画像


なので、とにかくここの米は、格別にうまいです。

写真には残せなかったのですが、赤とんぼがものすごいスピードでとびかっておりました。

画像


9月にはいれば、棚田は収穫の時期。市内より少し早いです。

小さなやま里が、豊かに実り、自然の潤いを保っているのもきっと。。。

画像


この笠の荒神さんの御徳なのでしょうね。

帰りは、これまた奈良で一番低温地帯といわれる針・都祁(つげ)を通って。

画像


したら、夕立、向こうには西日射す鏡の虹のアーチ。

画像


酷暑の農作物にいいおしめり。これも、荒神様のおめぐみですな。

で、帰宅すると。。。

画像



いつもはお出迎え担当のチロがこない。あれ?。。。つづきは、また後日。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この蕎麦屋さん、以前にテレビで紹介されていたような気が。ものすごく分かり難い場所にあって。見ながら「蕎麦食いてー」と叫んでたわ(笑)
やまけろ
URL
2010/09/01 19:31
☆やまけろさま
 そうなんです。道順は至って簡単なのですが。。。
 奈良の方からだと、国道169→県道50なんですが、この県道が、他府県からお見えの方、まず面食らうでしょ、対向なんて無理なとこが殆ど。ま、よしんば上りきって、看板に誘われるのですが、あと2キロなんて看板からそば処への道の狭い事、すごいこと!あぜ道に毛の生えたような、舗装がせいぜいの道を延々えーん!そばはまだかぁ!って叫びたくなる事数回ののちに、この建物がこつぜんと登場してまいります。。。
ま、今の季節はともかく10月あたりだと、そばの里にきたんだと思いますよ。そう、その頃になるとそばのあの白いお花がいたるところに絨毯をなしているんですよ。ほんとうに笠はいいところですよ。お世辞にも肥沃な土地ではありませんが、山間の働き者の地元民の皆さんのがんばりがすごくて、とってもゆたかな実りを、自然とともにかかえて、いいやま里になっています。
実はこのど不便なところから、以前ワタシの看護学校の友人が通ってましてね〜!最終学年はさすがに実習がきあつくて、寮に入ってましたけど、カノジョ、ほんとうに勉強もよくできて、とても勤勉なうえ、お笑い担当!とにかくヒトの悪いとこをいっさい言わず、こつこつといろんなことまとめあげる明るい性格でした。今結婚して三重の方にいるんですけどね。ここらあたりの中山間部の住民の方々って、彼女みたいなヒト多いんですよ。だから、荒神様がまもってくださっているんだなぁと思うんですよ。
あ、そばそば、もちろんうまい!この乾麺は、天下一品です!お家でゆでてものびずにつるっとしてますよ!
せばすちゃん
2010/09/01 20:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
荒神のやま里にて ぎろちん日和(びより)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる